Fine Chemicals

ファインケミカル事業

概要

ファインケミカル事業主体は有機合成技術を中核に展開しています。主な分野はメガネ関連材料と医薬品原薬及び中間体です。

メガネ関連材料

代表的な製品はフォトクロミック材料です。これは太陽光の強い屋外で発色し、弱い屋内では透明になる性質を持ちます。この発退色特性と紫外線をカットする特性から主にメガネの調光材料として使用され、目を紫外線から保護しています。当社のフォトクロミック材料には、紫外線で発色するフォトクロミック化合物をプラスチックレンズに練りこむタイプ、レンズ表面に塗布するタイプ、レンズ表面にシートを貼り付けるタイプがあります。

医薬品原薬・中間体

医薬品原薬の“原薬”とは、“医薬品の有効成分”のことで、工業的に合成された製品です。中間体とは医薬品をはじめ、染料、顔料等の中間原料として必要な有機化学品です。受託生産も含めた医薬品原薬及び中間体事業に加え、政府が普及を推進しているジェネリック医薬品の原薬や、サプリメント原料の開発にも注力しています。 医薬品原薬の製造には、高品質の製品を製造するための基準(GMP:Good Manufacturing Practice)が医薬品医療機器等法で定められています。GMPは製造所の構造設備基準と製造管理及び品質管理基準から成り、当社の鹿島工場ではGMPに適合した設備と管理の元で高品質製品を製造しています。当社は、有機合成の技術を駆使し、高純度で低価格なジェネリック原薬の安定供給を通じて、日本の医療制度改革に貢献してまいります。

顧客の要望にお答えして

このページの先頭へ