Fine Chemicals

プラスチックレンズ用ハードコート剤『TS-56』物性表を表示

一般名称プラスチックレンズ用 ハードコート液、撥水性コート液
当社製品名TS-56
主な用途プラスチックレンズ保護
主な荷姿プラスチック容器
特性耐擦傷性、耐久性、撥水性、保存安定性

概要

プラスチックレンズ表面を傷から守るためのTS-56と、水滴が表面に付着して発生する水ヤケ(しみ)を防止するTS-56WR2をご用意しています。

特徴

TS-56

プラスチックレンズ用ハードコート液は、傷つきやすいプラスチックレンズ表面に塗布・硬化することにより、硬く強靭な薄膜を形成し、レンズを拭き取り傷や引っ掻き傷から守り、プラスチックレンズの耐久性を向上します。
TS-56は熱硬化型のハードコート液で、低屈折率レンズ用と高屈折率レンズ用のハードコート液を取り揃えております。また、可染タイプのハードコート液TS-56Tも販売しています。

TS-56

・優れた耐擦傷性
 スチールウールテストおよびベイヤーテストに高い耐擦傷性を発揮
・優れた耐久性
 熱・光による劣化や密着性の低下が少なく、各種薬品に対しても安定
・優れた保存安定性
 保存安定性に優れており、通常輸送・保管も可能

TS-56WR2

TS-56WR2は加熱処理型の水ヤケ防止剤です。反射防止コートを施したプラスチックレンズは、表面に付着した水滴が蒸発すると、水ヤケ(しみ)が残ります。TS-56WR2で反射防止コート表面を処理することにより、表面に撥水性の薄膜を作り、水分が付着しにくくなり、水ヤケの発生を防ぐことができます。処理済み反射防止コートレンズ表面は、高い撥水効果を持続し、水ヤケ現象を防止します。

水滴の付着の仕方の違い
水滴の付着の仕方の違い。
右がTS-56WRで処理したレンズです。

・優れた撥水性

・フロン不使用
 長期間の水ヤケ防止効果の持続溶媒にはフロンフリー品を採用
・均一なコート膜

お問い合わせ

TSグループ

029-864-6024

ホームページからのお問い合わせ

このページの先頭へ