Corporate Social Responsibility

社員の健康づくり

「保安は事業活動の基本であり、保安の確保は社会との共生の第一歩である」という姿勢の下、徹底した保安防災活動と労働安全衛生活動を実施し、無事故・無災害を目指すとともに良好な職場環境の確保に努めています。

≫ 保安管理システムの充実

各事業所のシステムとして定着し、作業面、設備面、プロセス面のリスクアセスメントを実施し、継続的に改善することで、潜在的危険要因の徹底排除を図っています。変更管理の仕組みを見直し、計画から効果の確認に至るまで抜けのない管理ができるよう改善しました。また、ヒヤリハット活動を強化し、新たな危険源の特定によりリスクアセスメントへ展開し、その対策を実施しています。近年、化学工場の爆発火災の重大事故が発生しており、いずれも緊急停止時や通常起動・停止時、設備の保守作業中などの「非定常作業」で発生していることから、非定常時(異常時を含む)の誤作動や誤動作を想定したプロセスリスクアセスメントに継続的に取り組んでいます。

≫ 協力会員の安全衛生活動の推進

協力会社と一体となり、①合同安全会議での計画的な安全教育と現場状況の共有化の充実、②安全パトロールでの工事事業者への安全指導の強化と、不安全箇所・作業の指摘・改善、③監督者能力向上研修、危険体験研修での技量アップ、④作業手順の確認と危険予知の徹底等の活動を実施しています。

≫ 心とからだの健康づくりの推進

快適な職場環境の確保を目指し、有害物質取扱作業場において局所排気装置の適正能力維持の確認などにより、「作業環境(第Ⅰ管理区分※)の完全継続」を達成しています。一方、個人の健康意識の向上のため、毎月目標体重等を設定し、自己管理評価する「スマートライフ・プログラム活動」に取り組んでいます。また、健康診断結果に基づく個人面談(保険指導)の実施など、有所見者率の低減に向けて活動しています。
心の健康については、全従業員を対象にWebによる職業性ストレス診断調査を実施しており、配慮の必要な人に対するフォローの充実を図っています。

休業強度率の推移
休業度数率の推移
安全防災・労働安全衛生対策投資

このページの先頭へ