Corporate Social Responsibility

社員の健康づくり

「保安は事業活動の基本であり、保安の確保は社会との共生の第一歩である」という姿勢の下、徹底した保安防災活動と労働安全衛生活動を実施し、無事故・無災害を目指すとともに良好な職場環境の確保に努めています。

≫ 協力会社の安全衛生活動の推進

協力会社と一体となり、安全衛生活動の充実に向け、①合同安全会議での計画的な安全教育と安全対話による現場状況の共有化の充実、②安全パトロールでの工事事業者への安全指導の強化と、不安全箇所・作業の指摘・改善、③監督者能力向上研修、危険体験研修での技量アップ、④請負工事・作業における作業手順書の整備・ 充実等の活動をしています。

≫ 心とからだの健康づくりの推進

個人の健康意識向上のため、毎月目標体重などを設定し、自己管理・評価を行う「スマートライフ・プログラム活動」に取り組んでいます。また、健康診断結果に基づく保健指導による改善により、休業率の低減にも取組んでいます。
心の健康については、全従業員を対象に職業性ストレス診断や外部を含む相談窓口などの充実によって早期対応を図っています。

休業強度率の推移
休業度数率の推移
安全防災・労働安全衛生対策投資

このページの先頭へ