Corporate Social Responsibility

レスポンシブル・ケア

レスポンシブル・ケアとは、化学物質を製造または取り扱う企業が、化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄にいたるまでのすべての過程にわたって、社会や働く人々の「環境・安全・健康」を保護するための対策を行い、その活動の成果を公表し、社会との対話・コミュニケーションを図っていく自主管理活動のことです。1985年にカナダで誕生して以来、レスポンシブル・ケアは世界52カ国に導入されています。日本でも1995年に(一社)日本化学工業協会内に日本レスポンシブル・ケア協議会(現レスポンシブル・ケア委員会)が設立され、108社(2014年4月現在)が会員となっています。当社は設立時より参加し、環境経営、さらにはCSR活動の基盤として、積極的に活動を進めています。

レスポンシブル・ケア活動評価管理システム(環境保全)

レスポンシブル・ケア分野における中期計画を策定し、この計画達成に向けて、年度ごとの方針および目標を定め、それに基づいて部門ごとに具体的計画を作成し、活動しています。活動の結果は年度末に評価し、次年度の計画に反映しています。
なお、会社の中期事業計画にあわせ、2015 年度を初年度とする新3カ年計画を策定し、活動を進めています。

レスポンシブル・ケア活動評価管理システム

このページの先頭へ