Corporate Social Responsibility

地域社会とともに

トクヤマは地域コミュニティーとの対話を通じて、保安防災や環境保全への取り組みについて理解を深めていただくなど、地域・社会から必要とされる企業であり続けるため、さまざまな活動を行っています

徳山製造所レスポンシブル・ケア地域対話

2015年9月17日に、徳山製造所で毎年恒例となった「レスポンシブル・ケア地域対話」を、本年も3部構成(説明会・施設見学・情報交換会)で開催しました。この地域対話は、製造所における環境安全への取り組みを近隣自治会の皆様にご理解いただくことを目的に開催しているものです。
今回は、「水素利活用」をテーマに掲げ、自治会から35名、周南市から8名、当社からは製造所長をはじめ16名が参加しました。
説明会では、環境安全の取り組みや水素事業の紹介、自治会の皆様との意見交換の後、当社の水素関連施設や周南市鼓海の水素ステーションの見学を行いました。参加者からは「水素社会の実現に向けた行政と当社の取り組みや地域貢献が理解できた」などのご意見をいただきました。

参加者の皆さん

参加者の皆さん

レスポンシブル・ケア山口東地区地域対話

2014年11月14日、日本化学工業協会RC委員会山口東支部の主催による「レスポンシブル・ケア山口東地区地域対話」が、ホテルサンルート徳山で開催されました。
この地域対話は、近隣自治会、行政・教育機関、各種団体の皆様に、コンビナート企業の環境保全や保安防災への取り組みについて理解を深めていただくことを目的に開催しているもので、9回目の開催となった今回の参加者は、213名でした。
今回の地域対話は、周南地区の環境保全をテーマとした基調講演、企業発表、学生発表のほか、地域の皆様との意見交換会も実施し、活発な意見交換を行いました。

企業発表の様子

企業発表の様子

このページの先頭へ