Investor Relations

株主との対話に関する方針

当社は、株主・投資家の皆様からの理解と信頼を得るため、会社の経営・財務情報のみならず社会に提供する製品・サービス、環境的・社会的側面などの非財務情報についても、適時・適切にかつわかりやすく開示するよう努めています。情報開示の基本姿勢、適時開示体制については情報開示に対する基本姿勢をご覧ください。

株主・投資家の皆様との建設的な対話を促進する統括的な役割は、広報・IRグループ所管部門長(経営企画室長)が担います。対話の企画、実施については、広報・IRグループが主体となり、経営企画、経理・財務、CSR、総務、研究開発、事業部門など社内の各部署と密接に連携しています。

経営トップ自らが株主・投資家と対話を行うIR活動として、アナリスト・機関投資家向けの決算説明会を年4回開催している他、証券会社主催のカンファレンスやスモールミーティングへの出席などを随時実施しています。またIR活動を担当する広報・IRグループは、国内外の機関投資家との個別面談や個人投資家向け会社説明会などを行っています。

株主・投資家の皆様との対話で得られたご意見等につきましては、経営トップと関係部署の責任者が出席するIR会議の中で確認・共有しているほか、IR報告書により社内の各部署へフィードバックし、経営戦略や事業戦略の策定や軌道修正に活かし、企業価値向上につなげています。

なお、対話に際しては、当社に関する重要情報が一部の株主・投資家の皆様に対してのみ提供されることのないように、社内規程を定め、情報管理を徹底しています。

株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に向けての取組み

株主総会招集通知の早期発送 株主総会開催日の3週間以上前に招集通知を発送するよう努めています。さらに、発送する約1週間前に、株式会社東京証券取引所のTDnet及び当社ホームページ上において公表しています。
集中日を回避した株主総会の設定 より多くの株主の皆様にご出席いただけるよう、集中日を回避して開催しています。
電磁的方法による議決権の行使 パソコンから株主名簿管理人の議決権行使サイトを利用して電磁的に行使することができます。
議決権電子行使プラットフォームへの参加その他機関投資家の議決権行使環境向上に向けた取組み 株式会社ICJの機関投資家向け議決権電子行使プラットフォームに参加しています。
招集通知(要約)の英文での提供 英文の招集通知(要約)を作成し、当社ホームページ上で公開しています。
その他 定時株主総会では、映像資料を用いて事業報告の主な内容や重要課題、中長期の展望について株主にわかりやすく説明しています。

IRに関する活動状況

個人投資家向け 年に数回、個人投資家向け説明会を開催しています。 また、説明会資料や個人投資家向けに会社情報をわかりやすくまとめた専用ページを当社ホームページで公表しています。
アナリスト・機関投資家向け 年に4回、四半期決算発表毎に、アナリスト・機関投資家向けに、決算説明会もしくは電話カンファレンスを開催しています。 また、随時、中期経営計画に関する説明会や機関投資家向けスモールミーティング、工場見学会等を開催しています。
海外投資家向け 年に数回、不定期で海外投資家と面談し、当社戦略等の説明を行い、意見交換を行っています。 また、年に数回、証券会社主催の海外投資家向けカンファレンスに参加し、同様の面談を行なっています。
IR資料のホームページ掲載 決算短信、有価証券報告書、株主総会関連書類、アニュアルレポート、決算説明会のプレゼンテーション資料・動画・主な質疑応答、業績・財務のエクセルデータ等の掲載を行っています。 またIR資料(一部を除く)の英語版を日本語版と同じタイミングで掲載しています。。
IRに関する部署(担当者) 経営企画室 広報・IRグループにIR専任スタッフを配置しています。IR業務の実施にあたっては、経営トップ、経営企画グループ、経営サポートセンター、事業部門等社内の各部門と密接に連携し、適時・適切でわかりやすい情報開示に努めています。

このページの先頭へ