ニュース

2017年9月29日
株式会社トクヤマ
東3号発電設備の建設について

株式会社トクヤマ(本部:東京都千代田区 社長:横田 浩)は、かねてより計画を保留しておりました東3号発電設備の建設(計画出力30万kW、2009年10月環境影響評価書の公告完了)について、3社(当社、丸紅株式会社、東京センチュリー株式会社)による共同事業により行うことを決定しました。また、本日、当該事業に係る株主間協定書を締結いたしましたのでお知らせいたします。

本発電設備の建設計画は、当社発電設備の中長期の大型補修、電力需要並びに既設発電設備の更新を見据えて2006年より環境影響評価を開始し計画を進めていましたが、昨今の経営環境の変化に伴い建設計画を一時保留としていました。

当該事業は、経済産業省が2014年度から2015年度にかけて実施した「リース手法を活用した先端設備等導入促進補償制度推進事業」の適用によるオペレーティング・リースを取り入れたスキームで行うもので、本発電設備については、アジア・北米等から輸入するホワイトペレット※を中心としたバイオマス燃料の混焼により、環境にも配慮した発電設備として建設・運用する計画です。

なお、本発電設備は2017年10月より建設工事準備に着手の上、運転開始は2022年4月を目指しています。

以上  

東京センチュリー株式会社 概要

本店所在地 :東京都千代田区
代表取締役 :浅田 俊一
設 立 年 月 :1969年7月
事 業 内 容 :賃貸事業、割賦販売事業、営業貸付事業、その他の事業

丸紅株式会社 概要

本社所在地 :東京都中央区
代表取締役 :國分 文也
設 立 年 月 :1949年12月
事 業 内 容 :総合商社

【参考資料】

※ホワイトペレット
木材を一度粉砕、乾燥し、ペレット状に成型したバイオマス燃料です。ホワイトペレットはカーボンニュートラル(植物は成長する時に大気中のCO2を吸収しているので、燃焼させても大気中のCO2量は変化しない)な燃料のため、石炭と代替することによりCO2の発生を減らすことができます。

建設予定地
戻る

このページの先頭へ