仕事を知る

財務部門 経営サポートセンター 保田 岳雄

単体・連結決算のデータを作成する仕事

私が所属する「経営サポートセンター」は、トクヤマ及び一部のグループ会社の経理・財務・給与計算をその業務としております。私は現在その中において会計・税務チームにて、トクヤマの単体決算及びトクヤマグループの連結決算に関わる業務を行っており、入社以来ずっと経理業務を担当しています。
単体決算では主に関係会社の株式の評価や貸倒引当金の計上などを行い、連結決算では、各グループ会社から提出される決算データのチェックや連結グループ内の取引の消去等、連結決算特有の修正仕訳を計上するなどして連結決算データを作成しています。四半期ごとの決算期では大変多忙になります。
経理と言えば常に電卓をたたいて計算しているというイメージがあるかもしれませんが、むしろ会計・財務の専門書や資料と向き合っている時間の方が長いかもしれません。専門書に書かれている規定や理論など難解な文章を咀嚼したうえで、関係部署やグループ会社の担当者に分かり易く伝えて適正なデータをもらい、経営活動を数値に表現していく、専門知識や論理的な思考が要求される仕事です。
決算には関係者からの情報提供が欠かせませんので、調整力が必要な仕事とも言えます。相手にその目的や理由を十分に説明し理解して頂いて、余裕をもったスケジュールでお願いするなど心掛けております。以前の固定資産会計チームでは全く畑の異なる設備の担当者とやり取りすることも多かったので、なるべく直接顔をあわせて作業目的を理解してもらい、同時に相手の状況を掴むことも自分なりに努めていました。
また現在では、企業会計上の必要性から海外の子会社の会計処理方法を統一させる作業や、経理・財務業務の集約化の対象範囲を海外の子会社へも展開することを目的とした検討作業を行っており、今後はそのリサーチのため、海外にも出張することが多くなると思います。
そして将来的には、会計知識の他に財務知識や専門的な英語力をもっと身に付け、グループでの事業展開をアカウンティング、ファイナンスの面からサポートしていくことができればと思っています。

社会と隣り合わせであることを実感

部分的ではあっても、自分が纏めた決算数値が初めて公表されたときは、その責任の重さを肌で感じました。決算数値は、会社及びグループの経営成績、財産状況の報告という形で、株主や債権者といったステークホルダーの方々の目に直接触れるわけですから、社会とダイレクトに接している仕事だとも思います。数字に対する責任感が求められる仕事なので、チェックにチェックを要しますし、神経も使いますが、その分無事決算を終えたときの達成感は大きいものがあります。
入社2年目の頃、固定資産会計チームにおいて固定資産の減損会計への対応を任されました。自社が保有する土地や化学プラントなどの固定資産の帳簿上の金額が、回収可能額(その固定資産を利用及び処分することで得られる金額)を超過している場合、その超過部分を損失として認識しなくてはなりません。実務でいえば、帳簿上の金額と回収可能額を集計する単位(グルーピング)をどうするか、回収可能額をどのように見積るかなどの諸事項を検討していくのですが、当時の私には気の遠くなるような作業でした。そして、当然周囲のメンバーの協力もあってのことですが、最終的には決算報告の中で減損会計を適用した結果をお伝えすることが出来ました。
この経験を通して、検討から数値化をし、会計監査を通す過程において、メンバーとのスケジュール管理や会議の進め方、社内での意思決定を行う為の業務の進め方など企業における重要な仕事の流れを理解することができました。振り返ってみれば、早いうちからこうしたハードルの高い仕事を任せてもらえたことは、大きな糧となったと思います。

入社動機

自分が持たないものを持つ人々(とりわけ技術系の人たち)と一緒に仕事がしたいというのが大きかったです。その分組織として力を発揮するダイナミズムを味わえるのではないか、と自分なりに感じていたからです。その中で、化学メーカーというのは地味ではありますが、社会における様々な分野に影響力をもたらしています。また、長いスパンで物事を考えて仕事をしていきたいと考えていましたし、自分では最適な業界ではないかと思いました。

トクヤマの好きなところ/嫌いなところ

事業規模の割に、社員数がそれほど多くないと思いますので、社員同士の顔が見えやすく、その辺りはいいところではないでしょうか。もう一つは自然体なところ。そのせいか、内定から現在まで会社への印象があまり変わっておりません。たまにのんびりし過ぎているかな(笑)と感じることもありますが、それも社風なのかもしれません。

学生へのメッセージ

「自分はこれがやりたい」という思いを持つことは大切ですが、別の領域のことを求められたときに「これしかやりたくない」というのは、残念であるしもったいないと思います。私も入社当時、経理はイメージしていない仕事でしたが、結果として新しい世界に出会うことが出来、色々学ぶことができました。おカネをもらって任されている以上、まずは貪欲にどっかんどっかん仕事に突っ込んでいき、同時に自分の糧としていく姿勢が大事ではないかな、と思います。心の中の熱いスピリットをぜひ弊社で表現してください。

プライベート

現在、社内サッカーチームのキャプテンを務めており、週一回の練習、月一回ほどの試合にてボールを追いかけています。また、近くにゴルフ場も多いので、よく若手や関係部署の人々とラウンドしています。最近ようやくスコアで100を切ることができ、ますます楽しくなってきたところです。残業がない日の夜や休日は良きパパとして積極的に子守りもしています。

PAGE TOP