人を知る

特殊品部門 機能材料営業部

エレクトロニクス市場向けの高品質な製品を供給する

私は機能材料営業部に所属し、トクソーIPA SEシリーズ/トクソーSDシリーズという薬品を名古屋以東のお客様へ販売しています。これらの薬品は半導体、電子デバイスの製造時に使用され、IPAは洗浄用途、SDはフォトリソ工程における現像液として主に使用されます。電子デバイスは最終的にはスマートフォンや車、テレビといった私たちの身近にある電子機器になります。電子デバイスの現場ではppb(10億分の1)レベルで管理された高い品質が求められます。私の仕事は、高品質の製品をお客様に安定供給することです。
既存のお客様に対しては、販売店と協力して製品在庫を確保し必要なときに必要な量を安定供給できる仕組みを構築することが重要です。欠品が生じるとお客様の生産が停止し、その影響は世界規模に広がりますので、営業担当としての責任は非常に大きいと考えます。また、最近では新規市場の開拓を積極的に行っており、高純度品をより多くの分野で使用してもらうべく取り組みを行っています。従来工業用グレードを使用していたお客様に対して高純度品を提案し、製品の品質が格段に向上したと言われたときは非常にうれしかったです。
また、毎月新しい製品が生まれる電子デバイス市場では、日々環境が変化します。世界中で新規工場が設立され、同時に工場が統廃合されています。私たちが市場で発展し続けていくために、このような市場分析を行うことも重要な仕事です。市場分析の際、文献や新聞情報も大事な情報源ですが、何よりもお客様の生の声が最も重要な情報となります。これらの情報を精査し、部内で共通意識を持つことで、新規売り込み先を定めていきます。日本にいながら常に世界を意識して業務に取り組める環境は、刺激的でやりがいを感じています。

薬品を販売する「責任」を胸に、真摯にお客様と向き合う

薬液を含む化学品を販売する際に最も大事なことは安全への取り組みだと私は考えます。初めて担当のお客様を持って1週間目に、お客様の倉庫で容器の落下事故が発生しました。幸い怪我人が発生したり、薬液が漏れたりはしませんでしたが、そのことを上司に報告した際に「すぐに現場に行って自分で確認して来なさい」と言われたことが今でも鮮明に覚えています。
IPAシリーズは危険物、SDシリーズは毒物にそれぞれ指定されており、取り扱い方を間違えると命を落としてしまう可能性がある薬品です。そのため何かトラブルが発生した際は、すぐに状況を確認し、正しい処置をしなければいけません。薬液が漏れてないと思っていたけれども実は漏れていましたという状況は絶対につくってはいけないのです。この経験は薬液を販売する「責任」について考えることができた大切な経験になりました。
もちろん、事故を発生させないことも重要です。当営業部ではEH&S(環境、健康、安全)活動という取り組みを通じて、薬品を使用するユーザー、販売する代理店、保管、輸送する物流業者に対して製品教育と安全への意識付けを積極的に行っています。薬品を売れば営業の仕事は終わりではなく、薬品に関わるすべての人々が、正しい知識を持ち、適正に取り扱える環境づくりを行うことが営業活動で最も重要なことだと思います。
化学品は世の中を便利にすることができる一方で人を危険にさらしてしまう可能性もあるということを常に忘れずに、営業担当として国内のみならず、海外でもトクヤマ製品を拡販することが私の目標です。今後も中国・東南アジアを中心に半導体・電子デバイスの大型投資が計画されています。電子デバイス市場のど真ん中でトクヤマ製品の良さをお客様に知ってもらいたいです。

入社動機

世の中に広く影響を与えられる存在になりたいと考え、マスコミを中心に就職活動を行っていました。たまたま自宅に送られてきたトクヤマのDMを見て説明会に参加したところ、化学品が日常生活で使用する様々なものの基礎となっており、世の中に与える影響力が非常に大きいことに魅力を感じ化学業界に方針転換。その中でトクヤマを選んだ決め手は、採用活動で出会った社員が誠実で温かい人が多く居心地の良さを感じたことです。

トクヤマの好きなところ/嫌いなところ

若いうちから責任ある仕事を任せられることがトクヤマの良さだと考えます。製造・品証・営業が1つのチームとなり、顧客満足の最大化という目標を達成するために、若手でもリーダーシップを発揮することができる環境がトクヤマにはあると私は感じています。一方で、多少状況が悪くても何とかなるだろうというおっとりとした空気が社内に流れていると思うので、そこは変えていかなければならないと思います。

学生へのメッセージ

会社選びでは、「自分が自然体でいられるか」が重要なポイントだと私は思います。自分自身の個性を活かすことができれば、自分の持つ力を最大限発揮できるでしょう。そのような企業を見つけるためには自身で企業を訪問し、働く社員に会うことが重要です。様々な企業の社員と会うことで、この人となら一緒に頑張れそうだという人に必ず出会えると思います。そのような人がいる企業こそが自分が自然体でいられる「適所」だと私は思います。

プライベート

幼いころからスポーツ観戦が大好きで、野球、サッカーを中心に年間40試合位スタジアムで観戦しています。応援しているチームの試合を観るために全国各地を巡り、各地の名物を食べて帰ります。最近は海外リーグにも手を伸ばし、昨年はドイツのブンデスリーガを観にいきました。次に行きたいのはアメリカメジャーリーグ。近いうちに実現させたいです。

PAGE TOP