事業を知る

よくある質問

Q1トクヤマの社名の由来について教えてください。

A1918年にアンモニアソーダ法によるソーダ灰製造のため、山口県徳山町(現在の周南市)に工場を建設し、日本曹達工業株式会社としてスタートしました。そして、1936年に創業の地である徳山の地名を取り、徳山曹達株式会社と改称したのですが、その後の事業の広がりとともに、曹達(ソーダ)では名が体を表さなくなったこともあり、1994年に株式会社トクヤマと改称されました。

Q2今後はどのような事業に力を入れていく予定ですか?

A約100年にわたる歴史の中で培った独自のコア技術をベースに、「ICT」「ヘルスケア」「環境」の分野を重点分野と位置付けています。顧客ニーズと差別化技術をマッチングさせる製品開発に取り組みます。

Q3環境面への取り組みについて教えてください。

A当社は環境問題に積極的に取り組み解決していくことが社会的使命であり、企業と社会の持続的発展につながるとの認識の下、事業活動におけるすべての過程で、環境という視点を重視する「環境経営」を推進しています。1998年には、徳山製造所と鹿島工場で環境管理の国際基準であるISO14001の認証を取得。以後、この環境マネジメントシステムを確実に運用し、環境保全に取り組んでいます。

Q4製品の安全面・品質管理に対する取り組みについて教えてください。

A当社が提供する製品は、世界中の人々の生活と密接に関わっています。そこで、提供した製品の安全性確保と、環境への負荷低減をめざす責任ある関与(レスポンシブル・ケア)を全社あげて推進し、地球レベルでの環境・安全問題に積極的に関わっています。

Q5研究開発における理念について教えてください。

A「化学技術で暮らしに役立つ価値を創造する」を理念に、研究開発の方針を以下のように定めています。
● 顧客起点をベースに、事業にコミットした研究開発の推進
● 特有技術の深耕と新技術との融合によるオンリーワン、ナンバーワン技術の創出
● 技術を基軸としたマーケットインによる独自製品の創出

Q6研究開発の体制について教えてください。

Aトクヤマでは各事業部門に開発グループを設置し、顧客の皆様との関係をより重視した研究開発体制を築いています。一方、研究開発部門には、新規事業創出を目的とした研究開発を中心に行っている「開発センター」のほか、「分析・解析センター」「知的財産部」といった全社の研究開発支援を行う部署を置いています。

PAGE TOP