Research and Development

研究開発の理念・方針

研究開発の理念

化学技術で暮らしに役立つ価値を創造する

研究開発の方針

◇ 顧客起点をベースに、事業にコミットした研究開発の推進
◇ 特有技術の深耕と新技術との融合によるオンリーワン、ナンバーワン技術の創出
◇ 技術を基軸としたマーケットインによる独自製品の創出

高齢化社会の到来、環境重視、ICT技術の飛躍的発展・普及など、社会の潮流は大きな変化を迎えようとしています。この変化に対して、科学技術に対する様々な要請と期待が寄せられており、われわれ研究者・技術者には、変化する社会のニーズに呼応する技術や製品を速やかに開発することが求められています。

化学メーカーであるトクヤマは、長年、無機薬品、セメント、シリカ、シリコン、窒化アルミニウム、半導体用高純度薬品、レンズ材料、イオン交換膜、各種フィルムや樹脂、センサ材料、歯科材料等の研究開発と製造販売を行ってきました。これまでに培ってきた、電解、精製、焼成、資源再処理等の強みとする技術に加え、有機・無機合成、高純度化、粉体制御、結晶・析出、焼結など新たな強みとなる技術を培ってきました。トクヤマは、強みと特徴を持つ様々な特有技術をベースにしつつ、更に新たな技術を融合して、先端材料で世界トップとなる研究開発を目指しています。また、研究者の発想と努力を大切にしつつも、顧客のニーズ・ウォンツに立脚し、社会やマーケットの動向を注視しながらスピード感のある研究開発を推し進め、既存事業の拡大、新規領域への展開を進め、社会の発展に貢献していきます。

このページの先頭へ