Research and Development

研究開発部門

新規事業推進グループ

新規事業推進グループは、トクヤマグループの技術戦略の策定と実行を通じて、中期経営計画の事業戦略の実行と計画の達成に貢献することをミッションとしています。
このミッション実現のため、市場のニーズと技術変化を先読みしてマーケティングを行い、トクヤマの持つ特有技術を深耕して、これらを融合させることによりBz.モデルの仮設検証を行うことを通して、トクヤマの将来の開発テーマの立案を行っていきます。

つくば研究所

つくば研究所は、トクヤマの技術競争力を強くして事業の成長性を高め、新材料の調査からトクヤマの次代を担う新製品・新規事業を生み出す、東日本地区の研究開発の拠点です。
担当分野は、ICTからヘルスケア領域と幅広く、トクヤマが得意とする技術や材料を核に、その周辺領域まで開発テーマを広げ、大学などほかの研究機関と連携して、出口の見える開発テーマに重点的に取り組みます。

徳山研究所

徳山製造所内に立地し、徳山地区の研究・開発の拠点としての役割を担っています。
徳山研究所は、徳山総合研究所の研究設備を引き継ぎ、ハード面においては徳山地区の開発グループに充実した環境を提供しているだけでなく、種々の研究・開発チームが集うことによって得られるシナジー効果や、ものづくりの現場である製造部に近いといったソフト面でも恵まれた環境を形成しております。
担当分野としては、現業に近い開発テーマを中心に、フッ化物単結晶の用途開発やICT関連材料の開発研究などを行っています。

分析・解析センター

分析・解析センターは、トクヤマグループの分析・解析機能を担うスペシャリスト集団です。

半導体製品の高度化、微細化とともに、高品質・差別化製品の開発競争がますます激化しています。この競争を勝ち抜くためには、高度な材料分析・解析技術をベースとした研究開発と事業活動の推進が不可欠です。分析・解析センターは、分析・解析技術の開発と高度化に注力し、また外部機関と連携して最先端分析・解析技術の取得にも努め、トクヤマグループの研究開発を支援しています。

知的財産部

「ものづくり」企業であるトクヤマにおいて、知的財産を創造し活用することは、継続的な企業成長と社会貢献に必要不可欠なものです。知的財産部は、この「知的財産の創造と活用を図ることにより企業価値を高める」ことを基本方針として掲げ、研究開発等の成果を知的財産権によって確実に保護するとともに、他社の知的財産権を尊重するためのリスク管理を徹底して行っています。
トクヤマ製品の強みを権利化し、他社が参入できないよう特許による参入障壁を構築するとともに、特許・文献情報の徹底的な調査・解析により、知的財産の面から事業への提言なども行っています。

このページの先頭へ