R&D

中性子シンチレータ

さまざまなフィールドでの中性子計測を可能にするシンチレータを提供します。独自開発の新材料 LiCAF をベースとし、サブミリオーダーのピンポイント測定から、メートルオーダーの大面積検出器にも対応します。シンチレータの形状や性能はお客さまのご用途に応じて設計可能。カスタムメイドの中性子検出器を実現します。

シンチレータ結晶の特性評価をしている様子

光ファイバー型シンチレータ

特長

  • ピンポイントでリアルタイム計測
  • 極細プローブの採用による矮小空間の計測
  • 高線量率に対応※ (~ 1 x 1010n/cm2/sec)
  • 優れた放射線耐性
  • 波高弁別法による低ノイズ計測※
  • 自動校正によるメンテナンスフリーな運用※

※別途信号処理装置が必要です。

主な用途

  • 中性子捕捉療法(BNCT)
  • 原子炉モニタ
  • 中性子ビームモニタ

シート型シンチレータ

特長

  • 優れたn/γ弁別能
  • 大面積に対応 (~1 m)
  • 曲面や管型等の複雑形状に対応
  • 埋め込み型光ファイバによる高効率光収集および位置検出

主な用途

  • 環境モニタリング
    サーベイメータ、エリアモニタ
  • 核セキュリティ
    ウェアラブルモニタ、ポータルモニタ
  • 中性子イメージング
    2次元検出器

関連資料

他のテーマを見る

開発品についてのお問い合わせ

徳山研究所

フォームからご連絡いただく場合、日数を要する場合がありますので、あらかじめご了承ください。