外部乳頭シール ティートナー®

私たちの開発理念

現在世界の乳房炎罹患率は乳牛全体のおおよそ30%であり、特に、乾乳初期の1週間と分娩前後各1週間での罹患率が高いといわれています。この期間は乳頭口が開いた状態にあることから、乳房炎の原因となる細菌にさらされやすいと考えられています。

新規乳頭保護材料

製品名:外部乳頭シール ティートナー®
機 能:柔軟性のあるシートで乳頭口を保護することにより、乳房炎の原因となる細菌の侵入を物理的に防ぎます。

製品仕様

層構成

ティートナーは、非常に柔らかいシートの形状を保持するための透明フィルム、基材となるウレタン層、乳頭に密着するための粘着層、粘着層をホコリ・汚れから保護する剥離紙の4層構造になっています。ウレタン層は非常に柔らかく、種々の乳頭形状に適合します。

形状

さまざまな乳頭の形状に適合するためにH型を採用しています。シート中央のくびれの部分を乳頭口にあわせ、長手方向を乳頭側面に均等に貼り付けることで、より剥がれにくくなります。
※取付方法の詳細は、本ページ下部の動画で詳しく説明しています。

仕様

寸法:86mm×55mm
形状:H型
性状:片面粘着フィルム
特徴:非常に柔らかく高粘着、高強度であり、乳頭保護性、乳頭形状追従性が良好。最長2週間程度乳頭を保護。
特許:特許第6189574号(国際特許出願中)

使用方法

きれいなタオルなどで十分清拭し、乳頭の汚れを落としてください。さらにアルコール綿などで乳頭の油分を拭き取った後、乾いた状態でティートナーを貼り付けてください。多量の漏乳がある場合には、乳頭から剥がれやすくなる場合があります。

清拭後の乳頭の清浄度をほぼ維持します

※ティートナー®取付前の清拭とアルコール綿などによる油分の除去が重要です。

取付方法

Copyright(c)Tokuyama Corporation.All rights reserved.