Recycling & Environment

資源環境事業

概要

資源環境事業は、セメントの製造工程で廃棄物や副産物を有効に利用し、再資源化しています。トクヤマのセメント事業におけるリサイクルは、業界に先駆け1938年の当社セメント事業開始時から現在まで脈々と受け継がれています。当時は自社のソーダ灰工場からの副生物や自家発電設備からの石炭の燃えかすを原料としていましたが、現在では広く社外から大量の廃棄物・副産物を受け入れ、リサイクル資源として活用しています。

廃棄物・副産物の多くは、セメント原料である石灰石、粘土、けい石などと共通の成分を含んでいるためセメント製造の原料になり、また廃プラスチックなどの可燃性の廃棄物は、熱エネルギーとして利用することができます。またセメントの焼成炉であるロータリーキルンの中は1,000~1,800℃と非常に高温のため、可燃性の成分は完全に燃焼させることができ、さらに燃焼後の灰分はセメントの構成成分として取り込まれ、焼却灰のような残渣が出ないことも特長です。

当事業では今後も、セメントの品質を維持しながら、廃棄物の受け入れ量や受け入れ対象物の拡大を視野に置き、研究開発を進めてまいります。

資源環境事業の強み

セメント工場での廃棄物の処理・利用

多種多様な受け入れ対象廃棄物

低含水・高含水汚泥設備や鋭角廃棄物処理施設など様々な再資源化設備で、廃棄物の受け入れをしています。

廃棄物名称品目
廃プラスチック類廃プラスチック (塩ビは除く)
廃プラスチック燃料化(破砕)プラントで破砕した後、
キルンに直接吹き込み熱エネルギー代替として使用します。
汚泥建設汚泥、上水汚泥、下水汚泥、燃料汚泥、工場廃水汚泥、有機汚泥
低含水汚泥はセメント原料の代替として使用します。
下水汚泥などの高含水汚泥は、専用の密閉式タンクに貯蔵した後、
セメント原料の代替として使用します。
ガラスくず・コンクリートくず及び
陶磁器くず
廃サイディングボード、廃石こう
廃サイディングボードは鋭角廃棄物処理施設で破砕した後、
セメント原料の代替として使用します。
廃石こうはセメント原料の代替として使用します。
ばいじん石炭灰、重油灰
石炭灰はセメント原料の代替として使用します。
重油灰などは熱エネルギー代替として使用します。
廃液写真現像廃液、期限切れ飲料、可燃性廃液、廃アルカリ
専用のタンクに貯蔵した後、ドライヤーに投入します。
可燃性廃液は仮焼炉に投入し、熱エネルギー代替として使用します。
燃え殻クリンカ灰、燃え殻
セメント原料の代替として使用します。
鉱さい高炉スラグ、転炉スラグ、製鋼スラグ、中和滓
セメント原料の代替として使用します。
動物性残さ牛肉骨粉
セメントの熱エネルギー代替として使用します。
焼却灰ごみ焼却灰
セメント原料の代替として使用します。
当社は山口エコテック(株)のごみ焼却灰を受け入れています。
汚染土壌汚染土壌
セメント原料の代替として使用します。
自動車破砕残さ自動車破砕残さ(ASR;Automobile Shredder Residue)
セメントの熱エネルギー代替として利用します。
*ASR投入施設活用率(61KB)

※1 上記以外の廃棄物についても処理可能なものがあります。詳しくは担当者にご相談ください。
※2 廃棄物の性状、形状、成分によっては処理不可能の場合もあります。

業界に先駆けて廃プラスチック燃料化を実施

廃プラスチック再資源化処理フロー

廃プラスチック再資源化処理フロー

トクヤマは、 1999年に国内セメントメーカーで初めて廃プラスチックのサーマルリサイクルを目的に、廃プラスチック燃料化(破砕)プラント(破砕能力:15,000トン/年)を設置しました。 これは、破砕された廃プラスチックをセメントのロータリーキルン前部(窯前)より安定的に大量に吹き込む技術を開発・確立することで実現したもので、2002年度には経済産業省主催の「資源循環技術・システム表彰」において、経済産業省産業技術環境局長賞を受賞しています。
その後も、廃プラスチックの受入拡大要請にこたえる形で順次プラントの増設を行い、現在では125,000トン/年の廃プラスチックの受入破砕、燃焼能力を有しています。

全国初・山口方式ごみ焼却灰のセメント原料化事業

2001年、山口県下自治体のごみ焼却施設から排出される焼却灰を受け入れてセメントの原料にする会社「山口エコテック株式会社」を宇部興産株式会社とともに設立しました。これは、山口県が中心となって進めてきた「やまぐちエコタウン事業」の中核プロジェクトで、県下全域のごみ焼却灰を一箇所に集めて集中的に前処理するという方式は全国でも初の取組みで「山口方式」と呼ばれました。この取り組みは、その後全国に波及しています。山口エコテックでは、ごみ焼却灰に含まれるダイオキシンと塩素を処理して、フィルタープレスにより無機汚泥化します。同社の年間のごみ焼却灰の処理能力は5万トンです。

石膏ボードリサイクル技術確立

2013年に業務を開始した「株式会社トクヤマ・チヨダジプサム」は、廃石膏ボードの収集から二水石膏の製造販売を手掛け、廃石膏ボードのリサイクル事業を行っています。
通常石膏ボードの原料中に10%程度しか混合できなかった廃石膏ボード由来の石膏粉の改良を実現し、廃石膏結晶大型化処理技術を用いて空隙のない結晶の石膏粉を製造、ボード原料として再生・再資源化しています。

お問い合わせ先

資源リサイクル営業グループ

東京本部

〒101-8618 東京都千代田区外神田1-7-5 フロントプレイス秋葉原

03-5207-2518

03-5207-2575

大阪オフィス

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島2-2-7 中之島セントラルタワー

06-6201-7206

06-6201-7229

徳山製造所

〒745-8648 山口県周南市渚町 4900-4

0834-34-2505

0834-33-3547

このページの先頭へ