Electronic Materials

高純度多結晶シリコン

一般名称ポリシリコン、多結晶シリコン
当社製品名高純度多結晶シリコン
主な用途半導体、太陽電池
主な荷姿段ボール
化学式Si
特性高純度、半導体、太陽電池

概要

多結晶シリコンは、金属ケイ素と塩化水素を反応させ合成した三塩化ケイ素を蒸溜精製し、高温で水素還元したものです。トクヤマが生み出す多結晶シリコンは世界最高レベルの高純度を実現し、半導体や太陽電池の高性能化を可能にしています。

用途

・半導体用
単結晶シリコン、単結晶ウエハへと姿を変え、さらに集積回路等の電子部品 となり、電子機器の主要部品として組み込まれます。

・太陽電池用途
単結晶または多結晶のシリコン基板を使用した結晶系シリコン太陽電池セルの原料として使用されます。

特徴

・99.999999999%(イレブンナイン)の純度
単結晶シリコンをつくる上で要求される純度の高さが特徴です。
シリコンだけでは電流が流れないため、電子を運ぶ性質を帯びるようにボロンやリンなどを単結晶シリコン製造の際にごく微量添加し、調整しています。多結晶シリコンに不純物としてボロンやリンが存在すると、目的に合った単結晶シリコンウエハをつくることが難しくなるため、多結晶シリコンには高純度であることが求められます。

・半導体用途向けに長年培った品質管理ノウハウにより品質の安定した高純度の多結晶シリコンを供給しています。

お問い合わせ

ポリシリコン営業部

03-5207-2531

ホームページからのお問い合わせ

このページの先頭へ