Tokuyama Corporation

沿革

トクヤマは、1918年にソーダ灰(炭酸ナトリウム)の国産化を目指し、創業者 岩井勝次郎により「日本曹達工業株式会社」として設立されました。90年以上の歴史の中で、環境の変化に挑みながら、経済の発展とともに成長し、現在ではさまざまな分野に進出しています。当社が、これまで歩んできた道程を独自の時代区分で紹介します。

創業・ソーダ工業専業期 無機関連事業拡大期 石油化学関連事業拡大期 SP・加工型事業拡大期 事業の強化・再構築期 企業価値の向上を目指して 企業価値の向上を目指して

1918年~1944年 創業・ソーダ工業専業期

1918年 2月

[ソーダ灰事業・創業]

山口県徳山町(現 周南市)に「日本曹達工業株式会社」設立

設立当時の写真
設立当時の写真

1936年 1月

社名を「徳山曹達株式会社」に変更

1938年 3月

[セメント事業進出]

ソーダ灰事業の副産物を生かした湿式法によるセメント製造開始

1940年 1月

[無機化学品事業拡大]

塩化カルシウム製造開始

1945年~1960年 第1ステージ 無機関連事業拡大期

1952年 3月

[電解ソーダ事業進出]

ソーダ灰と併産していた苛性ソーダを電解法による製造へ

東洋一のセメント湿式法「マンモスキルン」長さ185m
東洋一のセメント湿式法
「マンモスキルン」
長さ185m

1960年 1月

湿式シリカ製造開始 (2010年 生産停止)

1960年12月

山口県南陽町(現 周南市)にセメント事業拡大のため南陽工場完成

1961年~1974年 第2ステージ 石油化学関連事業拡大期

1964年 7月

[石油化学事業進出]

苛性ソーダと併産する塩素を利用し、プロピレンオキサイド(PO)製造開始

東工場に新設した塩化ビニル樹脂プラント
東工場に新設した
塩化ビニル樹脂プラント
独自技術・直接水和法によりIPAを事業化した
独自技術・直接水和法により
IPAを事業化した

1966年 9月

[塩化ビニル事業進出]

塩化ビニル樹脂の製造子会社設立

1967年 3月

[イオン交換膜事業進出]

イオン交換膜製造開始

6月

山口県徳山市(現、周南市)に石化事業拡大のため東工場開設

1970年 3月

[ポリプロピレン事業進出]

ポリプロピレン(PP)製造開始(2001年(株)プライムポリマーに営業譲渡)

1972年 7月

イソプロピルアルコール(IPA)製造開始

1975年~1989年 第3ステージ スペシャリティ・加工型事業拡大期 2度のオイルショックを受け、 電子材料、ファインケミカルなど高付加価値分野へ

1976年 1月

[フィルム事業進出]

PPを原料として二軸延伸ポリプロピレンフィルム(OPP)製造開始

当時のOPPプラント
当時のOPPプラント
『パルフィーク』
『パルフィーク』
当時の多結晶シリコンプラント
当時の多結晶シリコンプラント
当時の鹿島工場
当時の鹿島工場

1978年 3月

[歯科器材事業進出]

歯科材料の製造販売合弁会社「トーワ技研」を設立 (2001年 トクヤマデンタルへ統合)

1980年 9月

神奈川県藤沢市に藤沢研究所開設 (1989年 つくば研究所に統合)

1981年 2月

[建材事業進出]

樹脂サッシ製造会社 「シャノン」設立(現 エクセルシャノン)

1982年 4月

[生活関連事業進出]

家庭用除湿剤 『水とりぞうさん』発売 (2004年 (株)オカモトに営業譲渡)

 8月

[ファインケミカル事業進出]

プラスチックめがねレンズ材料発売

1983年 8月

[エレクトロニクス事業進出]

電子工業用高純度薬品発売

11月

苛性ソーダをイオン交換膜法に製法転換

11月

画期的な歯科用コンポジットレジン『パルフィーク』発売

12月

[診断システム事業進出]

診断薬 『ポリアミン・テストーエンザイム』発売

1984年 7月

[多結晶シリコン事業進出]

高純度多結晶シリコン製造開始

1985年 4月

[窒化アルミ事業進出]

独自の還元窒化法による窒化アルミニウム粉末製造開始

 4月

茨城県波崎町(現 神栖市)にファインケミカル事業拡大のため鹿島工場開設

12月

[センサ事業進出]

ガスセンサ素子・機器製造会社 「フィガロ技研」に資本参加

1988年 5月

診断システム事業の合弁会社「エイアンドティー」設立

1989年 3月

アメリカに現地法人「トクヤマアメリカ」設立

 5月

茨城県つくば市につくば研究所開設

 8月

ドイツ・デュッセルドルフに現地法人「トクヤマヨーロッパ」設立

1990年~2004年 第4ステージ 事業の強化・再構築期 加工型事業を分社化し、グループ経営の時代へ

1992年 2月

フィルム販売の合弁会社「サン・トックス」設立

社名を「株式会社トクヤマ」に変更 廃プラスチック燃料化プラント
廃プラスチック燃料化プラント
上海徳山塑料
上海徳山塑料

1994年 4月

社名を「株式会社トクヤマ」に変更

1995年 7月

韓国に半導体用現像液合弁会社「韓徳化学」設立

 7月

塩ビ事業統合による「新第一塩ビ」設立

1996年 6月

シンガポールに現地法人「トクヤマアジアパシフィック」、電子工業用高純度薬品精製・配送拠点「トクヤマエレクトロニックケミカルズ」設立

 8月

台湾に電子工業用高純度薬品精製・配送拠点「台湾徳亞馬(股)」設立

2000年 4月

フィルム事業を「サン・トックス」に、樹脂サッシ事業を「シャノン(現 エクセルシャノン) 」に統合・分社し、設立

 8月

[資源環境事業進出]

2001年 4月

ポリプロピレン(PP)製造合弁会社「徳山ポリプロ」設立

 4月

ごみ焼却灰の再資源化事業合弁会社「山口エコテック」設立

10月

歯科器材事業を統合・分社し、「トクヤマデンタル」設立

12月

結晶性層状珪酸ナトリウムの製造販売会社を子会社化し、「トクヤマシルテック」設立

2002年 4月

事業運営体制を企画・開発・製造・販売一体の機能完結型組織に再編し、部門制を導入

 9月

中国・上海に微多孔質フィルム製造販売会社「上海徳山塑料」設立

2003年 1月

情報システムグループを分社し、「トクヤマ情報サービス」設立

2004年 1月

イオン交換膜事業を合弁会社「アストム」に統合

2005年~ 第5ステージ 企業価値向上を目指して

2005年 9月

中国・浙江省に乾式シリカの製造販売会社「徳山化工(浙江)」設立

徳山化工( 浙江)
徳山化工( 浙江)
トクヤマ マレーシア第1期起工式写真
トクヤマ マレーシア
第1期起工式写真

 9月

中国・上海に現地法人「徳玖山国際貿易(上海)」設立

2007年 2月

窒化アルミニウム白板製造の合弁会社「TDパワーマテリアル」設立

2008年 1月

韓国・ソウルに現地法人「トクヤマコリア」設立

 8月

石炭等のバルクカーゴ保管・出荷の合弁会社「周南バルクターミナル」設立

10月

樹脂サッシ事業の統合により「エクセルシャノン」設立

2009年 8月

マレーシア・クチンに多結晶シリコンの製造販売会社「トクヤママレーシア」設立

2011年 2月

トクヤママレーシア 第1期多結晶シリコンプラント建設工事起工式

 4月

執行役員制度を導入

 6月

中国・天津に微多孔質フィルムの製造販売会社「天津徳山塑料」設立

2012年 2月

トクヤママレーシア 第2期多結晶シリコンプラント建設安全祈願祭

2013年 3月

廃石こうボードリサイクル事業合弁会社「トクヤマ・チヨダジプサム」開業

 5月

中国・上海に管理性公司「徳玖山(上海)」を設立

 6月

液化水素製造の合弁会社「山口リキッドハイドロジェン」開業

 6月

フランス領・ニューカレドニアのセメント製造販売会社の株式を取得し、 「トクヤマニューカレドニア」を設立

 10月

漆喰事業を分社化した「FLトクヤマ」を設立

2014年 3月

ソーダ灰・塩化カルシウムの共同事業会社「トクヤマ・セントラルソーダ」を設立

 6月

生コンクリートの製造・販売会社「広島トクヤマ生コン」を設立

 10月

トクヤママレーシア 第2期プラント生産・販売開始

2015年 3月

窒化アルミニウム粉末増設プラント完成

 6月

クリンカー輸出用積み込み設備稼働開始

 10月

産業用洗浄剤の製造・販売会社 トクヤマMETEL営業開始

2016年~ 第6ステージ 新たなる創業

2016年 5月

中期経営計画「再生の礎」を発表
あらたなる創業に向けた「トクヤマのビジョン」を発表

 6月

「トクヤマ・チヨダジプサム」関東工場竣工

徳山曹達70年史「道標はるかに」

このページの先頭へ