COMPANY

MESSAGE

代表取締役社長執行役員 横田 浩

電子・健康・環境分野を成長ドライバーに
研究開発基軸の価値創造型企業へ

私たちの存在意義は、「化学を礎に、環境と調和した幸せな未来を顧客とともに創造する」ことにあります。移りゆく時代とともに、社会から求められる存在意義が変化していくことから、2021年2月に再定義しました。

新型コロナウイルス感染症拡大により誰もが命や健康の大切さを再認識し、従来の価値観が大きく見直される今、急速に進むデジタル革命とともに、持続可能な社会を構築するための環境意識の高まりは不可逆的なものであり、トクヤマグループの事業環境を大きく変えていきます。

「中期経営計画2025」では、変化の潮流を確実にとらえるべく、電子材料・ライフサイエンス(健康)・環境事業を新たな成長事業と位置づけ、マーケティングと研究開発を基軸にした価値創造型企業へ成長を遂げる方針です。

私たちには、100年を超えて受け継がれてきた技術の蓄積があり、これらを磨きながら、新しい時代で必要とされる技術や価値の創造に邁進いたします。地球温暖化防止への貢献についても、「2050年度カーボンニュートラル」を標榜し、2030年度にCO2総排出量を2019年度比30%削減するべく、徳山製造所を中心に積極的な取り組みを行います。

人類共通の目標であるSDGsを当社の事業活動に組み込みながら、CSR経営を土台としてさまざまな社会問題を解決する製品やサービス、技術の提供に努めていく所存です。活動スローガンは「もっと未来の人のために」。

これからもますますのご支援とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役
社長執行役員
代表取締役社長執行役員 横田 浩