トップメッセージ

代表取締役 社長執行役員

代表取締役
社長執行役員

横田 浩

経済環境の変動に強く、持続的に成長する強靭な事業体質に転換すべく、「先端材料で世界トップ」「伝統事業で日本トップ」を目指し、成長戦略を推進しています。

当社は、2018年に創業100周年の歴史的な節目を迎え、次の100年に向けて新たな一歩を踏み出しました。

2016年にスタートした中期経営計画「再生の礎」では、改めて当社の果たすべき役割を明確にし、経済環境の変動に強く、持続的に成長する強靭な事業体質に転換すべく、「先端材料で世界トップ」「伝統事業で日本トップ」を目指し、成長戦略を推進しています。

現在、中期経営計画で定めた目標値のうち、営業利益やROAは前倒しで達成しておりますが、今後もコスト競争力のある事業構造の実現に取り組み、一層の収益の拡大・安定化を目指します。

また、企業の成長と社会の成長は両輪であるとの考えのもと、地球規模での重要な課題解決に向けて尽力してまいります。昨年より、徳山製造所ではCO2の大幅削減、エネルギーの完全利用を促進する新たな改革をスタートしました。現在、トクヤマグループの持続的な成長に重要な影響を与えるマテリアリティ(重要課題)の特定を行っており、世界の共通目標であるSDGs(持続可能な開発目標)を当社の事業活動に組み込み、変化を続ける社会の要請に対し、さまざまな社会問題を解決する製品の提供に努めていく所存です。

そして、次の100年においても社会に必要とされ、お客さまに選ばれ続けるトクヤマグループであり続けたいと考えています。

これからもますますのご支援とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

Copyright(c)Tokuyama Corporation.All rights reserved.