環境への取り組み

環境経営の基本方針

地球環境保全への積極的な取り組みは、企業が果たすべき重要な社会的責任です。トクヤマは、事業活動におけるすべての過程で、環境という視点を重視する「環境経営」を実践しています。

3カ年方針(2021~2023年度)

RC基本理念およびマテリアリティに基づき地球環境保全に積極的に取り組み、持続可能な社会の構築に貢献する。

2021年度全社環境重点実施項目
  • 法的要求事項などの遵守の徹底
  • 環境事故ゼロの継続
  • 環境負荷低減
    環境負荷物質排出削減・維持
    廃棄物ゼロエミッションの推進
  • 地球温暖化対策
    GHG(温室効果ガス)2030年度目標達成に向けた活動
    省エネルギー・節電の推進
  • ステークホルダーとの対話と情報公開の充実
  • 生物多様性保全への貢献

マテリアルフロー

事業活動に伴うマテリアルフロー

環境会計

2019年度環境保全コスト

2019年度経済効果

生物多様性

トクヤマは、生物多様性を保護し持続可能な事業活動を続ける観点から、事業活動が生態系に与える影響を整理し、環境へ与える負荷とその軽減策について整理しました。