保安防災・労働安全衛生

保安防災・労働安全衛生

保安の基本理念
  • 【保安の姿勢】
    保安は事業活動の基本であり、保安の確保は社会との共生の第一歩である。
  • 【保安3原則】
    《保安の社会性》保安は、企業市民として果たすべき社会的責務である。
    《保安の優先》保安は、事業活動の全てに優先する。
    《保安の責任》保安は、全役職員一人ひとりの責任ある意識と行動により確保できる。
2021年度 全社保安管理方針

株式会社トクヤマは、保安の基本理念に基づき、以下の保安管理方針を定め、企業市民として保安活動を積極的に推進する。

  • 経営トップのリーダーシップのもと、全員参加による保安活動を推進する。
  • 法令はもとより、自ら決めたことは確実に遵守する。
  • 安全文化の醸成・向上により、人と設備と社会の安全を確保する。
  • 快適な職場環境を確保し、心とからだの健康づくりを推進する。
2021年度 全社保安管理目標および重点実施項目

各事業所は、目標の達成に向け、今年度の重点実施項目を保安管理活動へ反映し、積極的に取り組んでいく。

目標

  • 法令違反ゼロ
  • 事故・休業災害ゼロ
  • 休業率の低減

重点実施項目

保安管理レベルの向上

  • 危険感受性の向上
  • スマート保安の推進

危険源の特定およびリスクの低減

  • リスクアセスメントの深化
  • 化学物質のリスクアセスメントの充実

リスク管理、危機管理の推進

  • 新型コロナウイルスと共存した事業活動
  • 自然災害への対応

設備管理の推進

  • 高経年設備の管理強化

心とからだの健康づくりの推進

総合的な保安防災活動

当社は保安の3原則を掲げ、保安防災活動に取り組んでいます。徳山製造所の保安管理システムを中心に、鹿島工場を含む他の事業所では労働安全衛生マネジメントシステムにより、作業・設備・プロセスリスクアセスメントの実施や変更管理の徹底により危険要因の特定、 排除を図っています。また、安全文化および行動特性調査アンケートの実施により、個々人の行動特性を 把握・認識することによって不安全行動の撲滅に取り組んでいます。労働安全衛生活動についても、安全パトロール、KYT(危険予知訓練)、ヒヤリハットなどの安全の基本活動の徹底を図っています。

休業度数・休業強度率、安全防災・労働安全衛生対策投資