COMPANY

BUSINESS

トクヤマは、1918年、山口県徳山町(現在の周南市)で、当時輸入品に依存していたソーダ灰の国産化を目指して設立されました。
日本の化学工業の発展とともに、セメントやさまざまな化学製品を製品群に加え、現在では最先端の半導体製造を支える電子工業用高純度薬品や放熱材料、メガネ関連材料や歯科器材などのライフサイエンス分野、廃棄物の再資源化を含む環境分野を主なフィールドとして事業を展開しています。

化成品部門

創業の事業であるソーダ灰、苛性ソーダおよび苛性ソーダ製造時に併産される塩素を原料としたメチレンクロライドなどの各種塩素誘導品を扱っています。ガラスや洗剤などの原料として使用されるソーダ灰は国内唯一のメーカーであり、関連製品である重曹や塩化カルシウムは食品添加物グレードも製造しており、トクヤマの高品質の製品群はお客さまから高い評価をいただいています。

化成品部門の製品を見る
電子材料部門

半導体ウエハーの原料となる高純度多結晶シリコンや、高機能放熱材料である窒化アルミニウム粉末など、産業基盤を根底で支える高品質の製品を取り揃えています。特に電子工業用高純度薬品群は、世界最高性能を誇るIPA SEや、低残渣物高純度薬品として高い評価をいただいている高性能ポジ型フォトレジスト用現像液「SDシリーズ」など、ICT時代に貢献する製品でお客さまのニーズにお応えしていきます。

電子材料部門の製品を見る
セメント部門

社会インフラを支えるセメント製品を数多く扱っています。単一工場として国内最大規模のセメント工場は、産業廃棄物のリサイクルに日本で最も早くから取り組んでおり、限りある資源を有効に活用する循環型社会の形成に貢献しています。関連製品としてセメント系固化材も数多く取り扱っており、一般土木工事からダム・橋脚工事、高層建築物工事など、その用途や利用条件に合わせた製品を揃え、お客さまのご要望にお応えしています。

セメント部門の製品を見る
ライフサイエンス部門

医薬品原薬・中間体やフォトクロミック材料を中心としたメガネ関連材料など、ライフサイエンス製品を数多く取り揃えています。人々の健康を支えるこれらの少量多品種の製品群は、つくば研究所の強力な開発体制をベースに、徹底した品質管理のもと、鹿島工場で生産されています。また、水は通さず空気や湿気は通す通気性フィルムは、中国をはじめとした新興国の需要に応えるため、国内外で事業を展開しています。

ライフサイエンス部門の製品を見る
環境事業部門

当社には、100年以上の歴史の中で、廃棄物や副産物の利活用を推進し、無駄を最小限にする思想が根づいています。当部門は、従来グループ内に点在していた環境関連事業を集約し、2021年4月に発足しました。世界に広がる環境への配慮や規制をビジネスチャンスととらえ、イオン交換膜による水処理技術の国際展開、廃石膏ボードのリサイクル事業、太陽光発電モジュールの新たなリサイクル技術の確立などにより、持続可能な社会の構築に貢献していきます。

環境事業部門の製品を見る