研究開発体制

トクヤマの研究開発は、全社の技術支援と事業にコミットした研究開発を担う研究開発部門と、各事業部門に設けられた開発グループが、顧客の皆さまとの関係をより重視した研究開発を行っています。

組織

研究開発部門

新規事業推進グループは、トクヤマグループの技術戦略の策定と実行を通じて、中期経営計画の事業戦略の実行と計画の達成に貢献することをミッションとしています。
このミッションの実現のため、市場のニーズと技術変化を先読みしてマーケティングを行い、トクヤマの持つ特有技術を深耕して、これらを融合させることによりビジネスモデルの仮設検証を行うことを通して、トクヤマの将来の開発テーマの立案を行っていきます。

つくば研究所は、トクヤマの技術競争力を強くして事業の成長性を高め、新材料の調査からトクヤマの次代を担う新製品・新規事業を生み出す東日本地区の研究開発の拠点です。
担当分野は、ICTからヘルスケア領域と幅広く、トクヤマが得意とする技術や材料を核に、その周辺領域まで開発テーマを広げ、大学など他の研究機関と連携して、出口の見える開発テーマに重点的に取り組みます。

徳山製造所内に立地し、徳山地区の研究・開発の拠点としての役割を担っています。
徳山研究所は、徳山総合研究所の研究設備を引き継ぎ、ハード面においては徳山地区の開発グループに充実した環境を提供しているだけでなく、種々の研究・開発チームが集うことによって得られるシナジー効果や、ものづくりの現場である製造部に近いといったソフト面でも恵まれた環境で研究開発に取り組んでいます。
担当分野としては、現業に近いICT関連やヘルスケアの材料を中心に、無機ファインケミカルの研究開発などを行っています。

分析・解析センターは、トクヤマグループの分析・解析機能を担うスペシャリスト集団です。
半導体製品の高度化、微細化とともに、高品質・差別化製品の開発競争がますます激化しています。この競争を勝ち抜くためには、高度な材料分析・解析技術をベースとした研究開発と事業活動の推進が不可欠です。分析・解析センターは、分析・解析技術の開発と高度化に注力し、また外部機関と連携して最先端分析・解析技術の取得にも努め、トクヤマグループの研究開発を支援しています。

知的財産部は、トクヤマグループにおける知的財産の創造と活用を支援するとともに、知的財産権の管理を担っています。
研究開発の成果を保護するための権利化を通じて、事業活動に必要十分な知財網を構築する一方で、徹底した調査・解析により、他社の知的財産権を尊重した適正な事業展開への貢献も重要な役割です。激しく変化する事業環境に対応した知的財産権の有効活用にも力を入れています。
さらには、知財情報の調査・解析を通じて、事業部門、研究開発部門との緊密な連携による新規事業創出への貢献を目指しています。

事業部門開発グループ

機能性粉体開発、機能材料開発、ICケミカル開発の3グループは、IoTやICTなどの高度情報化技術、自動車の電動化や自動運転技術、エネルギー関連技術など、これからの社会の発展に不可欠な技術を縁の下から支える高付加価値材料の開発に取り組んでいます。
機能性粉体開発グループでは、半導体の超微細化や高集積化を支える精密研磨材や先端半導体封止材用のシリカ製品など、シリカおよびシリカ複合材料について、粒子形状や表面状態の精密制御技術を徹底的に磨きあげるとともに、市場ニーズの的確な把握と開発のスピードアップを実現し、多くの先端製品の開発に取り組んでいます。
機能材料開発グループでは、半導体の高集積化に伴う発熱密度の増大を解決するため、世界トップシェアを誇る窒化アルミニウムの技術を応用した高放熱セラミックスや高放熱フィラーの開発に取り組んでいます。
ICケミカル開発グループでは、半導体用薬液について、当社の特有技術であるIPAやTMAHに代表される超高純度化技術をさらに磨き上げるとともに、市場ニーズにマッチした新しい機能を有する次世代薬液の開発に取り組んでいます。

セメント開発グループは、セメント部門における研究開発の中核として、セメント・コンクリート、資源リサイクル、セメント系固化材、各種建材製品に関する基礎研究、技術・製品開発に取り組んでいます。
セメント・コンクリートに関する技術は、部門における研究開発の基礎と捉え、セメント・クリンカーの品質評価技術の探求とコンクリート物性に関する基礎データの蓄積に重点的に取り組んでいます。
資源リサイクルでは、セメントの品質を維持しながら、より多くの廃棄物をセメント原燃料として利用する技術を追求しています。さらに、原燃料以外の用途開拓にも積極的に取り組んでおり、事業化を見据えたリサイクル技術の開発もおこなっています。特に、廃石膏ボードのリサイクル技術の開発に注力しており、晶析反応による結晶大型化技術を開発し、関係会社の株式会社トクヤマ・チヨダジプサムで事業化しました。
セメント系固化材は、各種地盤改良工法に適用する材料の開発、セメント系建材製品では、コンクリート構造物の補修・補強分野の材料開発に注力しています。
セメント産業を取り巻く環境は厳しさを増していますが、セメント産業の社会的使命である社会資本の充実と循環型社会の構築に貢献できる技術の開発を目指していきます。

ライフアメニティー部門では、顧客の要請にスピード感を持って応えていくため、従来の営業・開発の枠を取り払い、事業分野ごとに営業と開発を一体化した組織(TSグループ、MAグループ、NFグループ)としております。
TSグループの事業分野は、プラスチックレンズ材料事業であり、フォトクロミック色素、フォトクロミック眼鏡レンズ用モノマー、ハードコート材料の開発・販売を行っています。TSグループの名前の由来は、トクヤマのフォトクロミック材料の商標である「Transhade」に由来しています。最近は、従来のメガネ材料分野にこだわることなく、開発で蓄積した技術を強みに、電子材料分野への挑戦も始めています。
MAグループは、Medical Associated Business Groupの略称で、医療関連材料を事業分野としています。ジェネリック医薬品原薬のプロセス開発を主な研究テーマにしており、高品質で低価格な原薬をお客さまに供給することを目標に開発を行っています。
NFグループは、紙おむつや乾燥剤などに使用される通気性フィルムを事業分野としており、新規グレードの開発や製造プロセスの改良などに取り組んでいます。

公的研究費の管理運営、不正防止に関する責任体系

株式会社トクヤマでは、以下の責任体系のもと公的研究費の適正な運営・管理を行います。

Copyright(c)Tokuyama Corporation.All rights reserved.