社会とともに

人権の尊重

トクヤマは、「トクヤマグループ行動憲章」および「トクヤマグループ行動指針」において、人権尊重とあらゆる差別の禁止についてうたっています。一切のハラスメント行為を禁止し周知するとともに、万が一発生した場合の相談窓口を設けています。児童労働、強制労働についても明確に禁止するとともに、CSR購買の立場から取引先に対しても協力を要請しています。
※トクヤマは、国連グローバル・コンパクトに署名しています。

トクヤマグループ行動憲章(一部抜粋)

私たちトクヤマグループ役職員一人一人は、「社会と共鳴する経営」を実践し、「社会から信頼され、顧客に選ばれ続けるトクヤマグループ」として持続的な成長を実現するため、以下の通り行動します。

4.人権・人格の尊重

  • 私たちは、企業活動に関わる人々の人権を尊重し、人種、性別、信条、国籍、宗教などによる一切の差別を行いません。
  • 私たちは、従業員一人一人の多様性、人格、個性を尊重すると共に、安全で働きやすい環境を確保し、ゆとりと豊かさを実現します。
トクヤマグループ行動指針(一部抜粋)

(前文)
トクヤマグループが持続可能な未来を「社会」とともに築く活動を継続的に行い、ステークホルダーそれぞれからの評価の向上を目指すための、主要な事項を示します。

V.役職員との関係
1.人権尊重・差別禁止

  • 役職員一人一人の多様性・人格・個性を尊重し、人種、民族、性別、信条、国籍、宗教、障がい、疾病、学歴などに基づく差別を行いません。
  • 児童労働、強制労働に関わる行為を一切行いません。
  • 相手に不快感を与える言動など、個人の尊厳を傷つける行為を一切行いません。

ステークホルダーとのコミュニケーション

トクヤマは持続可能な未来を「社会」とともに築くため、多様なステークホルダーとのコミュニケーション活動を⼤切にしています。

ステークホルダー 主なコミュニケーション手段
お客さま ISO9001、TVCM、工場見学
地球環境 レスポンシブル・ケア、環境経営の実践、ISO14001、CO₂の削減、省エネルギー、廃棄物処理、生物多様性への取り組み、環境貢献型製品の開発・提供
地域・社会 保安防災、RC地域対話、地域ボランティア、夏祭りなどへの協賛・参加、科学技術振興への助成、次世代育成への助成
株主・投資家 個人投資家説明会、決算説明会、決算短信、有価証券報告書、株主総会
取引先 購買管理、CSR調達、合同安全衛生会議
従業員 職場巡視、社内報、教育・研修、安全衛生委員会

地域社会への貢献

トクヤマは社会から必要とされる企業として、地域コミュニティと共生を図るため、さまざまな活動を行っています。会社はもちろん、従業員も自ら進んで地域の皆さまと交流を深めています。

主な地域社会貢献活動
・小学生の社会見学
・小・中学校への出前授業
・小・中学校へ図書券「御影文庫」の寄贈
徳山科学技術振興財団
・化学展への出展
・徳山製造所レスポンシブル・ケア地域対話
・自然災害の被災地へ支援