中期経営計画

経営戦略

  • 経済環境の変動に強く、持続的に成長する強靭な事業体質へ転換

    ・成長事業:特有技術で先端材料の世界トップになる
    ・伝統事業:セメント・化成品は競争力で日本トップになる

  • 従来の仕事のやり方の抜本見直しによる全社的な低コスト体質への転換

中長期の経営戦略

2025年度までの達成を目指します。

あらたなる創業

存在意義

化学を通じて暮らしに役立つ
価値を創造する

目指す姿

量から質へ
2025年度 先端材料世界トップ 伝統事業日本トップ

量から質へ
2025年度
先端材料世界トップ
伝統事業日本トップ

価 値 観

顧客満足が利益の源泉 目線はより広くより高く
前任を超える人材たれ 誠実、根気、遊び心

顧客満足が利益の源泉
目線はより広くより高く
前任を超える人材たれ
誠実、根気、遊び心

事業戦略の再構築

成長事業では、特有技術で先端材料の世界トップになり、着実な利益成長を目指します。伝統事業では競争で力日本トップになり、汎用品市場で勝ち抜くことを目指します。

成長事業の着実な拡大

これまで、先端分野において培ってきた特有技術を活用し、社会のニーズに応える製品開発を行います。

中期経営計画の概要

中期経営計画の目標指数

2025年度に目指す姿に向けた通過点として、2020年度の経営数値目標を設定しました。

Copyright(c)Tokuyama Corporation.All rights reserved.